考えのパターンを自己調整

男の人

心の在り方は発症原因でもある新型うつ病では、特に心理療法がよく行われます。中でもゆがんだものの見方や考え方のパターンを自己調整していく認知行動療法を行うことが多いです。比較的軽症のうつに効果があり症状が改善した回復期にも行われる治療法です。

病院に行く前に

医療

うつ病で病院に行く前に知っておくべきことは、その症状で本当に病院に行くべきか見極める必要があるということです。軽微な症状であれば自然に治癒する可能性が非常に高いです。病院に行くことで症状が重症化することもあるので、気を付けましょう。

薬は飲み忘れないように

先生

うつ病サプリ

うつにはいろいろな種類があるそうですね。気になる人は、どのような種類があるのか確認しておきましょう。

うつアカデミー

うつについて知りたい人は、ここを覗いてみませんか?病気について色々と勉強になりますよ。

薬を飲む際の注意点

うつ病と病院で診断されたラ病院での治療を受けることになります。うつ病の治療に関しては症状が重い場合は入院を勧められることもありますが、ほとんどの場合が自宅で薬を飲み続ける投薬治療になります。うつ病で薬を飲む際に気をつけなければいけないことは何でしょうか。まず、薬を飲む際に最も大事なことは飲み続ける事です。薬を処方される際には薬の飲み方に関して医師から説明があるので、その説明通りの回数と量を飲むようにしましょう。薬を一度飲み忘れたからといって薬の効果が無くなるわけではありませんが、頻繁に飲み忘れるとそれだけ治療にかかる時間が長くなります。また、効き目が無いからといって処方された以上の量を飲むようなこともしないようにしましょう。次に副作用に関してです。どんな薬にも効果と相反する副作用が出る場合がありますが、うつ病の際に処方される抗うつ剤は特に副作用が強く出る場合があります。同じ薬でも人によって効き目のあらわれ方は違いますし、副作用の出方もまた違います。Aという人の合っている薬だからといって万人に有効であるとは限らないのです。特に治療を始めた際には体が抗うつ剤に慣れていないこともあって副作用あ強く出やすいです。もしも日常生活に支障をきたすほどの副作用が出る場合は薬を飲むのを止めてすぐに医師に相談するようにしましょう。医師もはじめはどの薬が患者さんに会うか分からないので色々な薬を試してみて一番負担が少なく効果が出る薬を処方しようと考えているので、薬が合わないことを伝えればすぐに別の薬に変えてもらうことが出来るでしょう。また、薬によってH飲み続けても効果を時間できない場合もあります。その際にも医師に薬の効果が感じられないことを相談するようにしましょう。流行無自分に合う薬を見つけるためには自分自身でも薬があっているかどうかの判断が必要なのです。そして、飲み続ける事と同じくらい大事なことが勝手に薬を飲むことを止めないという事です。薬の効果が出てきて治療が順調に行くと回復期といって、心や体の調子がよくなり、うつ病を発症するような状態になっていきます。すると中には病気が完全に治ったと勘違いして自分の勝手な判断で薬W飲むことを止めてしまう人が居ます。しかし、精神が安定しているのは本当に病気が治っているからではありません。ほとんどの場合は薬が的確に効果をあらわして薬の効果によって精神が安定しているにすぎません。ッ子の時期に勝手に薬を飲むのをやめると薬の効き目が切れたときに病気が再発してまた治療をやり直さなくてはいけなくなります。薬は医師が飲まなくても良いというまで飲み続けましょう。

再発しやすいので注意

カウンセリング

うつ病は症状が緩和することで自己判断で治療を辞めてしまう人も多いため再発しやすい傾向にあります。再発の予防には、決められた薬を飲み続けることも大事ですが、自分の物事のとらえ方を振り返ることも大大切です。

メンタル不調の病院の選定

ウーマン

うつ病は、他の病気と違って検査で数値化できる病気ではありません。このため、なんとなく不調を感じたときは総合病院にかかる方がいいです。診断後は、患者の話を聴いてくれる専門医がいて、通院しやすい場所にある病院を選ぶことが重要です。