医療

考えのパターンを自己調整

男の人

否定的な認知を見直す

うつ病の代表的な症状である抑うつ状態というのは、引き起こしやすい否定的な認知があります。たとえば、どうせ自分は頑張ってもうまくいかないという自分に対するマイナス思考や頑張っても認めてもらえないという周囲に対するマイナス思考、いつか失敗して今よりももっとひどくなるという将来に対するマイナス思考です。この思考はとくに新型うつ病の人にあらわれやすくなっています。状態でいえば軽症であれば、主に心理療法が選択されます。心理療法の代表的なものは、認知行動療法です。これは、その人特有の認知の歪み、つまり、ゆがんだ思考やモノの考え方のパターンを決められた方法によって自己調整に導くための治療法になります。一言で言うなら、考え方の悪いクセを直すというもので、抑うつのきっかけになるネガティブ思考を変えることが目的です。たとえば、将来に対するマイナス思考を持っている人も、やったことがない経験ができるなら面白そうだという具合に考えることができれば、物事への取り組み方が変わってきます。当然ですが、積極的になり成功体験も増えてきます。すると、ますます新しいことへのチャレンジは楽しいことだとなり、明るい気持ちになっていくというわけです。一方で、マイナス思考の状態では悪いほうに決めつけがちで、これが認知のゆがみといわれます。そのゆがみを取り除き、心が本来持っている、まっすぐなエネルギーを取り戻そうとするのが認知行動療法です。新型うつを引き起こしやすい心の不安や葛藤は、認知のゆがみから起こっています。これに自分自身が気が付き、調整していくための治療法になります。ただし、自分自身で気が付くのにとても時間を要するのが通常です。そのため、単純に両方の手順通りにあてはめるだけでは回復は難しく、個々人に合わせて治療が行われていきます。実際の治療では、いつ、どこで何をしたという状況や、どのような気分や感情になるのか、その気分を体験した瞬間に感じていたイメージなどの自動思考などに関して、思考記録をとっていきます。ほかにも、自動思考にいたった根拠となる事実や自動思考とは矛盾する事実なども記録するのが一般的です。このようなチェック表を用いながら、気分の変化が大きかった時の自分の状態をまず、状況、気分、自動思考とわけて考えていきます。この認知行動療法を行うことで、うつ病から抜け出すことはもちろんですが、寛解後に再発を防ぐことにもつながります。症状が重い場合は、あくまでも休息、薬物療法が中心となり、回復してから取り入れられる治療法です。