医療

再発しやすいので注意

カウンセリング

物事のとらえ方を見直す

うつ病にかかっていても病院を受診していない人は多くいます。一方で、病院を受診したにも関わらず、治療途中でやめてしまう人も多いため、再発が多い病気でもあります。回復期は症状の波が激しいため、もう治ったと治療をストップしてしまうと、元の状態よりも悪くなっていまうこともあるので注意が必要です。うつ病の患者には特徴的な物事のとらえ方というのがあります。それは、べき思考、全か無かの思考、完璧主義などです。自分がどんな考え方をする傾向にあるのか、まず本人が知ることで、次に同じような状態になっても、考え方を少し変えてうつの症状を予防できることがあります。それを可能にしてこられるのが、精神療法の一つである認知行動療法です医師やカウンセラーと話しながら、自分に関してあるいは問題の解決に関して考えていく一つの過程です。認知は物事の考え方やとらえ方のことになります。人は日常生活でさまざまな体験をすると、自分なりの受け取り方や考え方をして、それが気分やからだの調子に影響を与えます。つまり、物事の考え方やとらえ方が変わることによって気分も変化するというわけです。うつ病の人は認知にゆがみがあることが多く、物事を否定的、極端にとらえるクセがあります。証拠が少ないままに信じ込む、根拠のない決めつけやあいまいな状態に耐えられない白黒思考、自分が着目していることだけに目を向け短絡的に結論付ける部分的な焦点付けなどが主です。ほかにも、関心のあることは拡大してとらえ、無関心なことは縮小してとらえる過大・過小評価や極端な一般化などもあります。考え方というのは、幼いころからの信念や価値観によるものも多く、すぐに変えられるものではありませんが、自分の考え方のクセを知ることが大事です。そうすれば、考え方に対する根拠や考えに反する事実などを客観的にみることで、少し視点を変えて新たな考え方をできるようになることもあります。この作業を地道に繰り返していくことで、少しずつうつ病の人にも変化がみられるようになるわけです。また、その過程で人間関係への対処法や問題解決法などを自分自身で考えていくきっかけにもなります。認知行動療法だけが精神療法ではなく、普段の診療時に医師と話をすることも精神療法の一つです。通常の診療でも認知行動療法と同じような要素を部分的に含んでいます。認知行動療法は、ある程度、自分自身と向き合うエネルギーや意欲、気持ちや考えを言葉にする力が必要になるので、症状が回復している状態でなければ行うことはできません。この方法が適切かどうかは医師としっかりと話し合うことが大事です。